×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妖あどろ(5)

全ては大いなる意志のもとにその意志のもとに道はあり 野望と憎悪が渦巻く争奪戦の中に子供達の運命を担ってクイーン麻利亜は咆哮する 恐怖と戦慄のスーパー劇画完結編!!私の名は憂子。
この絶え間ないいらだちはどこからくるのだろう。
人が何かに遭遇する時、それを偶然というのだろうか!?不毛の日常から訣別したとき、憂子は翔んだ!!硝煙の中で――血だまりの中で――生きている実感を持つ今の私、香取憂子この男のために――夜叉になる――夜叉になって、地獄を駆け抜けよう!!さあ、早くおいで、銃がまだ熱いうちに!あの人の魂と私の怨念をぶちこんでやる。
津軽海峡をまっ赤に染めて、いつか見た夢の血の地獄がよみがえる。
憂子、26歳……秋田県から上京した花巻平太、叔父の経営する美家古寿司に住み込んでの板前修行!板前としての良心を持つ叔父と時子に仕込まれ、東北人特有の根性でがんばる平太!本格、江戸前寿司の世界を軽妙に描いた快作!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60000954



menu